株式会社フューズネットワーク / FUSE Network, Inc.

株式会社フューズネットワーク
企業情報 採用情報 サイトマップ お問い合わせ
株式会社フューズネットワーク / FUSE Network, Inc. ネットワークシステムソリューション サーバ運用ソリューション セキュリティソリューション 開発ソリューション

コンサルティング

 インターネットサービスは、私たちの生活や企業活動を飛躍的に向上させましたが、そのシステム自体が一般に公開されているために、不正アクセスによるデータ改ざんや個人データ流出などの危険性と常に隣り合わせにいます。

 FUSE Networkでは、大規模ポータサイトの導入・運営で培った経験と知識をもとに、ネットワークシステムのコンサルティングから、調査・診断、セキュリティ対策の実施、保守運用まで一貫したサービスをご提供します。

▲ページの先頭へ

侵入検知システム(IDS)/侵入防御システム(IPS)
ソリューション

 セキュリティーソリューションを考える上で、日々発見されるセキュリティホールにすべて対応し、また内外からの不正侵入を“完全”に防ぐことは現実的には不可能だと考えられています。
 そうした中、既知のセキュリティーホールに対しての対策を取ると共に、未知のセキュリティーホールから侵入された場合の対策を施しておくことが重要となります。
 IDS/IPSは、日々生み出される未知のウィルスやセキュリティホールによる不正侵入や改ざんを検知・防御するシステムです。

 FUSE Networkでは、IDS/IPSの導入コンサルティングから、設定、保守運用まで一貫したサービスをご提供します。

▲ページの先頭へ

SELinuxソリューション

 Linux OSのアクセス制御モデルには、セキュリティ対策を考える上で、根本的なところで大きな問題を抱えているといわれています。それは、従来のLinuxでは、rootユーザーに全ての権限が集中し、ひとたび不正侵入が行われroot権限が奪われてしまうと、致命的な被害が発生してしまうためです。
 こうしたことから、Linuxのセキュリティ対策では、既知のセキュリティーホール対策を行い、日々の運用でセキュリティ修正プログラムを適応し不正侵入を防ぐことが行われてきましたが、次々と発見される侵入方法に“完全”に対処することは、現実的には不可能だと考えられています。
 こうした背景の中、SELinuxは根本的な脆弱性といわれているLinux OSの弱点を解消し、Linuxの運用をよりセキュアに行うためカーネルのセキュリティ拡張モジュールとして開発されました。SELinuxでは、問題となっていたroot権限を排除し、プロセスやユーザに必要最小限の権限を与えることで、たとえ侵入を許したとしても、攻撃者は大きな権限を獲ることができず、不正活動を行わせないことで、Linuxが内包しているセキュリティの脆弱性に対応しています。
 SELinuxは、当初設定自体の複雑さから導入そのものが難しいとされてきました。
 現在では、設定ツールなどの環境も整い、また多くのLinuxディストリビューションに標準でこのモジュールが提供されていることから、その普及が期待されています。
 ただ残念ながら、ポリシー設計などその敷居の高さから、一般的にはまだ普及が行われていません。

 FUSE Networkでは、SELinuxの導入コンサルティングから運用を考慮したポリシー設計、設定、保守運用まで一貫したサービスをご提供します。

▲ページの先頭へ