株式会社フューズネットワーク / FUSE Network, Inc.

株式会社フューズネットワーク
企業情報 採用情報 サイトマップ お問い合わせ
株式会社フューズネットワーク / FUSE Network, Inc. ネットワークシステムソリューション サーバ運用ソリューション セキュリティソリューション 開発ソリューション

プレスリリース

フューズネットワーク、EPUB3.0日本語縦書き対応電子書籍オーサリング製品をリリース

報道関係者各位
2012年03月26日
株式会社フューズネットワーク

□  EPUB3.0対応オーサリングツール製品を提供開始
□  世界初の日本語縦書きリアルタイムプレビュー編集機能搭載

株式会社フューズネットワーク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:池田 実、以下:フューズネットワーク)は、かねてより販売していたEPUB電子書籍制作ツール「FUSEe(R)(フュージー)」を、EPUB3.0対応版にアップグレードするアップデーターの提供を、2012年3月24日に開始しました。ver.1.0~ver.1.2.2のユーザーは無償でアップグレードすることができます。このアップデータによりFUSEe(R)のバージョンはver.1.3となり、EPUB3.0形式の電子書籍の編集・制作が可能になります。

FUSEe(R)は、ショッピングサイトAmazon.co.jpでの直販のほか、販売代理店を通じて標準価格3万5000円で販売されています。

FUSEe(R) ver.1.3は、EPUB3.0で正式に策定された日本語縦書きに対応し、プレビュー画面にてリアルタイムに縦書き表示を行いながら電子書籍の編集・制作が行えます。こうした機能はソフトウェア製品として世界で初めて実装されたものです。

FUSEe(R)は、2010年10月15日にver.1.0となる製品が発売されました。当初、EPUB2.0.1形式をターゲットとした制作ソフトとして好評を博してきましたが、この度のバージョンアップはEPUB3.0の仕様を実装したマイルストーンとなるものです。EPUB3.0は日本語対応のみならず、マルチメディア、メディアオーバーレイ、スクリプティング、柔軟なグラフィックス、多言語国際化対応、アクセシビリティなど、電子書籍の将来の可能性を広げる役割を果すものと期待しています。

〈株式会社フューズネットワークについて〉
株式会社フューズネットワーク 代表取締役 池田 実
ホームページ:http://www.fusenetwork.co.jp/

〈関連URL紹介〉
FUSEe(R)ウェブ http://fusee.jp/
FUSEe(R)β(開発版) http://development.fusenetwork.co.jp/

〈EPUBについて〉
EPUBは、電子書籍の規格の1つ。英語圏のみならずアジア圏でも多く利用されている標準規格となっており、米国の電子書籍の標準化団体「国際電子出版フォーラム (International Digital Publishing Forum, IDPF)」 が普及促進を行っている。そのオープン性とデータ作成の容易さから、対応する電子書籍のハードウェアやソフトウェアが多いところが特徴。最新規格のEPUB3.0は、2011年10月11日に正式仕様(final IDPF Recommended Specification)となった。

※ 商標について
FUSEe(R)は株式会社フューズネットワークの登録商標です。
会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。


□  FUSEe(R) ver.1.3の仕様

■FUSEe(R)で作成できるEPUB電子書籍の特徴

・EPUB3.0およびEPUB2.0.1形式に対応
・EPUB3.0日本語組版の縦書き、ルビ、圏点/傍点、縦中横に対応
・JavaScriptを使用した対話型コンテンツ作成に対応
・HTML5のビデオ/オーディオを使用したマルチメディアコンテンツの作成に対応
・XHTML/HTML5/SVG/SMIL形式ファイルの取り込みに対応
・UTF-8文字セットに準じた日本語を含む多言語コンテンツの作成に対応
・Apple iOS搭載のiBooksに対応した固定レイアウト形式の書き出し
・OTF/WOFF形式のフォントファイルの内包(※1)

■FUSEe(R) ver.1.3で搭載された主な機能

・EPUB3.0ファイルの読み込みに対応(※2)
・EPUB3.0・EPUB3.0/2.0.1混在形式・EPUB2.0.1 三種類の保存形式が選択可能
・編集・ビューワエンジンにWebKitを採用
・OPFファイル・NCXファイル・ナビゲーションファイルの表示・編集が可能
・画像ファイルをモノクロSVGに変換する機能
・メディアオーバーレイ機能が利用可能
・テンプレート機能が利用可能

■従来からFUSEe(R)で実現されていた主な機能

・XHTMLタグを意識しないで入力・編集できるWYSIWYG画面
・EPUBパッケージ文書(OPFファイル)、目次の自動生成機能
・Microsoft Wordのdoc/docx形式ファイルのEPUB変換読み込み
・テキストファイルのEPUB変換読み込み
・OTF/TTFフォントファイル形式からWOFF形式への変換機能

※1 商用フォントを内包したEPUB書籍の配信には、各フォントメーカー様とのライセンス契約等が必要になります。
※2 すべてのEPUB形式ファイルの再編集可能性を保証するものではありません。

※※ すべてのEPUB3.0仕様の再現可能性を保証するものではありません。

◯FUSEe(R)の販売について
FUSEe(R)は、ショッピングサイトAmazon.co.jpでの直販のほか、販売代理店を通じて販売されております。EPUB3.0対応ver.1.3アップデーターは、当社のホームページ(http://fusee.jp/)のサポートページからダウンロード可能です。また、ver.1.1以降をお使いのユーザーの方は、FUSEe(R)の起動時に自動的にアップデートされます。

〈報道関係お問い合わせ先〉
株式会社フューズネットワーク 担当 小林誠司
〒150-0053 東京都渋谷区代々木1-37-20
電話: 03-5306-1260 / FAX: 03-5306-1261
Email:sales@fusenetwork.co.jp